osaka49ersのブログ

ステンシルとストロングゼロ飲んで寝酒することが大好きなおっさんのブログです。

ピンク一色のクラブ 大阪のピンク(The PINK)へ行ってみた

f:id:osaka49ers:20180930002927j:plain

大阪東心斎橋にオープンしたクラブピンク(The PINK)

クラブの中はピンク一色。インパクト大、インスタ映え間違いなしです。

コンセプトは・・

1つ、大人向けのクラブ
2つ、オールジャンルミュージック
3つ、@hayato_nanaura プロデュース
4つ、低予算エントランス 男性¥1,500女性¥1,000

オープンして間もないときに行った感想をまとめます。

The PINKの場所

場所は東心斎橋の少し怪しいエリアにあります。

キャバクラ、スナック、飲み屋などなどが密集しているエリアです。

ピンクに近づくと爆音で音楽が流れており、時間によってはエントランスでダンスしているダンサーが見れるかもしれません。

大阪市中央区東心斎橋2丁目7−20 サザンパレスビル B1F

GoogleMapでThe PINKを調べるとタグが凄いです。

インスタ映え/フォトスポット/インスタ映え。

インスタ映えめちゃ推してきます。

f:id:osaka49ers:20180930002011p:plain

The PINKの料金

出演アーティストによって費用は変動するかと思いますが、基本は、

  • 女性¥1,000
  • 男性¥1,500

低予算エントランス

ただし24時まで入場すると、

  • 女性600円で飲み放題・食べ放題
  • 男性は1,000円で1ドリンク

安く入場することができます。

24:00~5:00までに入場すると、

  • 女性1,000円で1ドリンク
  • 男性2,000円で1ドリンク

出演アーティストなど、詳細は事前に公式インスタグラム等でご確認いただくのが確実です。

www.instagram.com

The PINK盛り上がる時間帯

f:id:osaka49ers:20180930002908j:plain

オープンは22:00~5:00。

盛り上がる時間帯はやはり終電がなくなった時間帯か、2時以降とかじゃないでしょうか。

私が行ったときは22:30頃のド平日でしたが、それでもそれなりに人は入っており、ガラガラという印象ではありませんでした。

The PINKのアートワークはイラストレーターbuggy

f:id:osaka49ers:20180930003650j:plain

クラブのアートワークはイラストレーターのバギーさんが描いたもの

www.instagram.com

壁画もPINK一色。

ダイアナ妃やエリザベス女王、プーチン大統領の顔が描かれています。

ステンシルでの制作です。バギーさんの制作風景。

 
 
 
View this post on Instagram

2018年9月13日、遂に世界初オールピンクのナイトクラブ『THE PINK』がOPEN! . 関西最大級の進化系スーパークラブは、7つのコンセプトを掲げ最上級のエンターテイメントを提供します! . . ■THE PINK(@___thepink___) 1つ、店内はオールピンク。 2つ、大阪ミナミで1番広いお店。 3つ、低予算エントランス【男性¥1,500 女性¥1,000】 4つ、R&B.HIP-HOPを中心にした、オールジャンルミュージック。 5つ、お洒落な大人の社交場。 6つ、レディガガやSMAPの衣装を手掛ける buggy 氏の奇抜なアート。 7つ、セブンハウスやパーティーオンなど、100店舗以上手掛けて来たOMOTENASHI株式会社の @hayato_nanaura プロデュース。 . . 大阪新名所になること間違い無しのスーパーエンターテイメント空間を是非お楽しみください♪ . . ◆ADDRESS 大阪府東心斎橋2-7-20 サザンパレスビルB1 . #thepink #ザピンク#allpink #世界初オールピンクのナイトクラブ #大阪新名所 #大人のクラブ

THE PINK オフィシャルさん(@___thepink___)がシェアした投稿 -

 

トイレの中にもアート。

f:id:osaka49ers:20180930003319j:plain

男子便所の便器の部分までピンクのスプレーが吹き付けられていました。

ここまでやるともうなんかいろいろとすごいです。

壁画含めほとんどがステンシルでの制作

f:id:osaka49ers:20180930003520j:plain

チェゲバラとミッキーのステンシル

The PINKのロゴはSex PistolsのNEVER MINDのアルバムジャケットのパロディだと思います。

当時のSex Pistolsのロゴがピンクベタでした。

f:id:osaka49ers:20180930003842j:plain

The PINKの音楽

メインは洋モノHIPHOP・R&Bです。

2000年代初頭のHIPHOP・R&Bから最近のヒット曲など、DJはレコードではなくすべてPCでプレイ。

DJプレイはごくごく普通ですが、ダンサーのショーやポールダンサーなども見れます。

これも時間帯によって様々で2時以降が一番盛り上がるかと思います。

f:id:osaka49ers:20180930003911j:plain

プロデューサー七浦隼人さんとは

このクラブピンクのプロデューサーは七浦隼人さん

もう名前からオーラ溢れてます。

大阪の交野市出身。バスケが得意のようです。

いままで手掛けてきた店舗は100店舗以上

おそらく年齢は現在38〜39歳(2018年時点)。とてもそんな風に見えない若々しい風貌です。

The PINKオープン時の動画はこちら。バギーさんも話しています。

 

七浦隼人さんのTwitterはこちら

twitter.com

七浦隼人さんのInstagramはこちら

www.instagram.com

七浦隼人さんが手掛けた店舗

f:id:osaka49ers:20180930004846j:plain

七浦隼人さんはさまざまな店舗を出店しています。

大阪だとバギーさんとコラボしているダイニングバーthe buggy

こちらはバギーさんのアートがこれでもかというくらい楽しめる店舗です。

バギーさんのライブペイントやイベントなどやっています。場所は心斎橋です。

thebuggy.jp

以下の記事ではバギーさんのアートがインスタ映えするスポットとして取り上げられています。

macaro-ni.jp

また2017年に東京・六本木にParty onというボックスディスコをオープンしています。

f:id:osaka49ers:20180930010714j:plain

ボックスディスコとは・・

ニューヨーク、ロンドン、マイアミ、ラスベガスなどにある“クラブ”と“ショーとラウンジ”を融合させた新しいお店の形なのですが、開店から数か月しかたっていないのに、セレブの遊び場として、インスタ上でも次々に投稿されもうかなりの話題になっているのだそうです。

マガジンサミットより

magazinesummit.jp

  • 入場料金もスタンディングであればかなり安いです。
  • 女性free / free drink
  • 男性500円 / 1drink(金曜〜土曜日は男性1,000円/ 1drink)

女の子は相席屋行くならParty onに行くべきですね。

 

Party onのInstagramはこちら

www.instagram.com

Party onもバギーさんがアートワークを手がけています。

バーレスクと同じビルにあり、バーレスクにはない演出で連日盛り上がっているようです。

 

大阪(東心斎橋)と東京(六本木)の2店舗展開しているF.Y.Bという店舗もあります。

f:id:osaka49ers:20180930005723j:plain

こちらはET-KINGのKLUTHさんがオーナーのBARです。

F.Y.Bでもバギーさんのアートが拝めます。

 

F.Y.BのTwitterはこちら

twitter.com

Instagramはこちら

www.instagram.com

グッズなどの購入はこちらから。

fyb-shop.com

プロデューサーの七浦隼人さん、どこの会社でこんな面白い店舗をいっぱい出しているのかというとOMOTENASHI株式会社という会社の代表を務めています。

OMOTENASHI株式会社

 

店舗プロデュースがメインかと思いますが、これまでに手がけてきた店舗はどれも大繁盛、またほとんどの店舗のアートワークをバギーさんとコラボし注目を集めています。 

とにかくすごい人です。バギーさんとのコラボも面白いです。

 

連日賑わっているThe PINKについてざっくりですがまとめてみました。

まだまだ進化を遂げていくことかと思います。

最新のThe PINKの情報はインスタグラムで。

www.instagram.com