osaka49ersのブログ

ステンシルとストロングゼロ飲んで寝酒することが大好きなおっさんのブログです。

好きなペインターkurryさんについて

f:id:osaka49ers:20180821225601j:plain

尊敬しているペインターkurryさんについてまとめてみました。(知ってる範囲で)

ペインターkurryさんについて

主にキャンバス画の製作を中心に、ショップの壁画なども製作するアーティスト。
ミュージシャンへのデザイン提供、ファッションブランドやセレクトショップとのコラボレーションなど多面にわたり活動する。

chienoahより

ステンシルの技法で活躍されている大阪のペインターです。

心斎橋にあったCHIENOAHというショップで絵の展示・販売をされていましたが、昨年2017年頃、引き払い、現在は天満のアトリエが主な作業スペースのようです。

何度かお会いしたことがあるのですが、おそらく37−8歳だったような。

とても気さくで話しやすい、良い人オーラ満載のアーティストです。

私がステンシルにハマりだしたのもこの方の影響があり、尊敬するアーティストの1人です。

 

 kurryさんのサイトも昔は存在したのですが、現在は見当たりませんでした。

インスタはこちら↓

更新頻度は週に1回あるかないかくらい。たまにストーリーズで絵をアップしています。フォローしている人が1人というところもカッコ良いです。

www.instagram.com

ペインターkurryさんの作品について

ディズニーネタや、人物画、動物などかなり幅広いです。

だいたい背景は白でシンプルな絵が多いように感じます。

 

kurryさんがニュースタイルと読んでいる作品も好きです。

3年ほど前に大阪の南船場での個展がおそらく初披露だったと思うのですが、主に人物画で、ステンシルとは違い、フリーハンドで描いているぽいです。この作品はTBS番組『A-Studio』のセットとしても飾られています。 

f:id:osaka49ers:20180821230005j:plain

あとは春画のイラストです。これはkurryさんが描いているのかステンシルなのか不明ですが、すごく好きな作品です。おそらく黒い部分はステンシルで、色はハンドペイントで着色しているように思います。

こういうコラージュ系というか、パロディものに関しては発想がすごく面白いです。 

f:id:osaka49ers:20180821225436j:plain

アディダスともコラボしてました。大阪梅田のグランフロントのOVER THE CENTURY大阪店の店内に大きなキャンバスを飾っています。

adidas オフィシャル。すごい。

スーパースターを並べてロゴにしています。

全て型紙を用意したのか、流用したのか・・

f:id:osaka49ers:20180821224449j:plain

OVER THE CENTURY 大阪店

最近では自転車のfujiとコラボしてTシャツも出していました。  

f:id:osaka49ers:20180823184336j:plain 

kurryさんの壁画・ライブペイントについて

大阪市内、アメ村近辺などでkurryさんの壁画を見ることができます。

できるだけ時系列で知ってる範囲でまとめていきたいと思います。 

壁画

PIGSTY アメ村

アメ村の古着屋さんです。三角公園の黒人がうろついている交差点の方へ行き、細い路地に入っていく必要があります。初めての人は少し分かりにくいかもしれません。

店内の柱にドンと構えています。白雪姫のコラージュですね。

このお店でPOPUPでEXHIBITION開催していたりしたようです。

f:id:osaka49ers:20180823235155j:plain 

PIGSTYの店舗前にも壁画があります。

これはステンシルで1レイヤー目を薄くスプレーし、色はハンドペイントで着色しているように思います。

このサイズの壁画依頼するとしたらなんぼくらいなんですかねー、非常に気になります。 

f:id:osaka49ers:20180825115207j:plain

NO BORDERの作品は色々なサイズがあり、描いている人物も数パターンあります。

こちらのサイトから購入できます。

chienoah.jp

京阪交野駅 交野カバン

交野カバンという店舗に壁画があります。

交野市と聞くとあまり大阪の人でも馴染みがないのですが(主観)、北の方です。

これは干支の絵ですが、こういう絵も描かれるんだなと意外な壁画です。

f:id:osaka49ers:20180825154506j:plain 

katanokaban.jp

nnookk

中崎町にある服屋さんです。

kurryさんのイラストが入った服のPOPUPなどをやっています。

レセプション時にシャッターにペイントしています。

モナリザ x supremeケイトモスですね。

kurryさんの絵はsupremeネタが結構多いです。

f:id:osaka49ers:20180825154743j:plain

下の制作時の動画をぜひ見ていただきたいのですが、これぞステンシルという動画です。

特に額部分は黄色・オレンジが混ざっており、黒い部分は非常に細かいステンシルとなっています。すごい。

公開ライブペイントではボックスロゴ部分の文字の1PUSHだけだったようです。

(以下の動画はおそらくギャラリー無しの早い時間帯に撮影されたもの)

www.instagram.com

http://nnookk.jp/

グリズリーアメリカ村店

これもアメ村ですね。店舗のシャッターにペイントしています。

supremeのパロディです。ボックスロゴの部分にグリズリーと書いています。

ステンシルではなくフリーハンドで描かれているものだと思います。

シャッターの縁をグリーンで囲っているのがなんともたまりません。

f:id:osaka49ers:20180825155434j:plain

www.instagram.com

イーサー グリル ピザ屋

緑橋にあるピザ屋さんの壁にペイントしています。

緑橋ってなかなかローカルなエリアです。(主観)

チャップリンの映画「キッド」の子供ですね。

かなり細かくレイヤーが分かれていそうです。ピザだけオレンジなので、目立ちますしかわいいです。

全てステンシルかと思います。

f:id:osaka49ers:20180825160155j:plain

f:id:osaka49ers:20180825160844j:plain
側面の壁には大きな壁画もあります。足場を組まないと描けないほどの大きさです。

トイストーリーのアーミーメンたちが数人描かれています。 

f:id:osaka49ers:20180825161142j:plain

イーサーグリルさんの食べログのサイトへ飛びます。

PIGSTY 梅田

PIGSTY(古着屋)の梅田店です。

これは試着室の場所にカーテン?のようなものに描いているようです。

白雪姫ですね。服のグラデーション・シワ部分はハンドペイントやと思います。

絶妙な色加減がたまりません。 

f:id:osaka49ers:20180826210753j:plain

www.pigsty1999.com

※壁画スポット用 GoogleMap

kurryさんの壁画スポットをまとめたGoogleMapを作成しました。

このマップで上記の壁画巡りができちゃいます。ぜひご活用くださいませ。

某事務所?

場所は不明ですが、どこかの事務所の壁です。おそらくkurryさんの知り合いの繋がりで描かれたものかと思います。(kurryさんは元塗装業) 

このインディアンの頭部分には、フェンディやイブサンローランなど、ブランドのロゴが描かれています。鼻の部分はsupremeのロゴが。

f:id:osaka49ers:20180826210911j:plain

ライブペイント

SHIPS JET BLUE 

2~3年前になんばCITYのSHIPSでライブペイントしていたものです。

このとき初めてkurryさんのライブペイントを見ました。

何層にも掛けて絵具を垂らしていたのが印象的でした。

f:id:osaka49ers:20180826211011j:plain

原宿のR.NEWBOLD

アパレルブランドR.NEWBOLDのイベント時に店内で描かれたものです。

最初に何層も絵具を垂らしてからステンシルしているようです。 

f:id:osaka49ers:20180826211615j:plain

イーサー グリル ピザ屋

イーサーグリル店内でのライブペイントです。真珠の耳飾りの少女ですね。

こういうコラージュ好きです。あと垂れ具合も。

店内に飾っているものだと思います。

f:id:osaka49ers:20180826211756j:plain

幅広いジャンル・パロディ・コラージュ・・なんか落ち着く絵のトーン。

シンプルなんですが愛くるしくて面白い。

そんな気持ちにさせてくれます。

私がペインターの中で最も尊敬するkurryさん。

今後の作品が楽しみです。

最新のkurryさんの作品はインスタで。

www.instagram.com

 

当記事掲載の画像はすべてペインターkurry氏に帰属します。著作情報の削除依頼に関しては、こちらのお問い合わせ(問い合わせフォームにリンク)からお願いします。著作者からの申請であれば、速やかに対応いたします。